ニュージーランド移住失敗から学ぶ海外移住!ニュージーランドに移住で分かった仕事と移住の方法、条件とは?


 

ニュージーランド移住失敗・・・

 

そう自負する人は、現地の生活コストの高さ

想定していなかった人。

 

 

長期滞在者によるニュージーランド移住情報、

ブログを手段にして現地に住む具体的な方法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

失敗例から学ぶ海外移住や、

ニュージーランドについて

わかったことを解説する。

 

 

やはり自分で思い描くほど

海外移住は楽ではないらしい。

 

自分の楽しみのための

移住の場合、特にそうだ。

 

 

後悔してしまわないよう、

事前にある程度把握しておこう。

 

 

 

スポンサードリンク

ニュージーランド移住失敗!海外移住、ニュージーランドに移住なら仕事と方法、条件は?仕事探しの方法

 

ニュージーランドへの移住を

検討している人は多い。

 

だがしかし、その中には移住失敗の

経験をしている人も少なくはない。

 

 

見知らぬ地での生活。

 

不安も大きいが、

わくわくする気持ちも確かにある。

 

 

「移住」と聞くと、なんとなく

優雅なイメージがないだろうか。

 

イメージが先行し、

思っていたことと

違う場合も多々あるのだ。

 

 

せっかく移住するのであれば、

今以上に素敵な生活を送りたい。

 

 

まず、海外移住で心配なのが仕事だ。

 

 

知らぬ地での暮らしを

成功させるのに、

大きな鍵となる仕事。

 

永住権を得たいと思っているなら、

取得する方法はやはり仕事がキーだ。

 

 

日本で培った能力を生かした、

仕事探しをすることが

一番条件である。

 

 

永住権取得の条件として、

ニュージーランドに必要な人であることを

アピールしなければならないからだ。

 

 

 

ニュージーランド移住のブログで仕事や資格の取得を。デメリットと生活費、老後の費用が不安

 

ニュージーランド移住をしている人の

ブログなどが参考になる。

 

ニュージーランドに旅行として

遊びに行くだけではわからない面が見える。

 

 

やはり、その国でその国の人と

同じように生活することと、

旅行とは大きく違う。

 

 

ニュージーランド移住を仕事で行う場合、

企業からビザを取得する資格を与えられる。

 

海外赴任などこ場合、これで既に

仕事面はクリアしたことになるからだ。

 

 

しかし、一から自分で

考えていく場合は大きく違ってくる。

 

 

また、ビザはあっという間に

更新がやって来るため、

気を付けなくてはならない。

 

 

ニュージーランドでは、

経済発展に向けての移民の

増加も受け入れられている。

 

そのため、比較的受け入れる幅は

広いことで人気もある。

 

 

しかし、そんな

ニュージーランド移住にも

デメリットはある。

 

最大の難所とも言えるのは、

家賃や物価の高さだ。

 

 

また、移民を受け入れていると言ったが、

政府はニュージーランド人の仕事を

確保しなければならない。

 

当たり前だが、移民というのも、

日本人だけではないため数が増える。

 

 

人口増加をと政府が決めていても、

当然その上限は来てしまう。

 

誰彼構わず受け入れられる時代は

もう終わってしまったのだ。

 

 

そうなったとき、

ニュージーランドに移住して、

高い生活費を賄うのに苦労する。

 

また、ニュージーランド移住を

老後にと考えている場合も同じである。

 

 

物価の高さがなかなかのネックに

なることは間違いないと言える。

 

 

 

ニュージーランド移住で費用が心配、ニュージーランド移住条件を再チェック

 

上記で話した通り、

ニュージーランド移住には費用が心配だ。

 

 

ニュージーランド移住条件にも、

ビザ取得は投資や起業という

チャンスもある。

 

だがしかし、これらは

まとまった大きな資金が

必要となるのだ。

 

 

心配になるであろう、

費用面をもう一度チェックしておこう。

 

 

もちろん、家族計画や老後なのか

就労なのかなどにより大きく異なる。

 

 

そして家賃の高さも問題だ。

 

 

人気の都市は年々家賃が上がっている。

(田舎に住むのであれば、多少費用を抑えられる)

 

 

日本からの渡航費用は、約七万円からとお高め。

 

 

しかし、ここに大事なチェックポイントがある。

 

確認したいのは、直行便か経由便か。

 

 

経由便であれば、最安値三万円代へ

渡航費用が抑えられる。

 

度々出入りするのであれば、

これはとてもありがたい。

 

 

 

まとめ。ニュージーランド移住失敗について

 

このように、ニュージーランドへの

移住は成功案ばかりではない。

 

もちろんこれはニュージーランドに

限らず言えることだが。

 

 

海外移住で怖いのは、

仕事のことだけではない。

 

 

日々の生活費のこと、医療費、

そして日本に残した家族のこと。

 

 

両親が介護が必要になった場合どうするか?

 

子供に何かあった場合どうするのか?

 

 

それだけでなく、自分達の

今後のライフプランも考えてほしい。

 

移住失敗となってしまわぬよう、

自分達の移住計画をしっかりと立てておこう。

 

 

クライストチャーチでのんびり暮らす下山。

自分と同じくゴキブリを見るのも嫌な人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授