バリ島へ移住のデメリット…バリ島移住失敗?海外移住の後のバリ島の物価、生活費、仕事とは?


 

バリ島に移住するデメリットは、

ここが有数の観光地であること。

 

観光地価格で暮らすのは厳しいのと、

火山が近いのも少し怖いところです。

 

 

現地でも通用する英会話の最短マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

 

リゾートアイランドとして有名なバリ島。

 

多くの人が観光に訪れるバリ島に移住すると、

なにかデメリットはあるのか

気になる人も多いのでは?

 

 

インドネシアに長期滞在の自分が考察。

 

 

 

バリ島移住失敗…バリ島移住のデメリットとは?バリ島への移住でかかる生活費や仕事、移住費用とは?

 

有名リゾートアイランドで世界中から観光客が訪れる

インドネシアのバリ島だが、バリ島のいいところばかりを見て

移住してしまうとバリ島移住失敗という結果になる事も多い。

 

 

常夏の国インドネシアのバリ島は

「神々の島」と形容されることもある。

 

ほとんどの人がイスラム教を信仰している

インドネシア共和国のなかにある。

 

 

バリ島ではほとんどの人が

バリの土着信仰とインド仏教、ヒンドゥー教が習合した

バリ・ヒンドゥーを信仰している。

 

信仰深いバリの人々は

宗教的な活動に多くの時間を使って

生活しているのだ。

 

 

そんなバリ島に移住するうえでの

メリットやデメリットを紹介していく。

 

 

まずは、バリ島に住むメリットといえば、

なんといってもその大自然。

 

世界中の人々に愛されリピーターも多い。

 

 

そして物価が安いのも

最大のメリットと思う人も多い。

 

バリでは食費はもちろんだが、

家賃なども安いので

移住後も生活費を抑えられる。

 

 

ただ、現地の物価が安いと言っても、

移住時の現地での家確保や引っ越し費用、旅費、

予想外の思わぬ出費の可能性もしっかり調べておく。

 

バリ島に移住してから移住費用が思ったより高くなった、

用意した生活費が底をつく、なんて話も

聞いたことがあるので気を付けたいところだ。

 

 

また、医療や病院の心配もあるのではないか?

 

 

以前は大きなデメリットと思われていた医療機関だが、

最近は大きな病院も増えたし日本人スタッフがいる病院もあるので、

安心が大きく病院にかかりやすいと言える。

 

現地在住の日本人による「日本人会」の活動も

活発なことも安心感があってメリットだ。

 

 

ただし、言っても小さなコミュニティーだ。

 

 

人間関係がうまくいかないと狭い世間なので、

海外の地で孤立する危険性もあるのが

デメリットともいえる。

 

 

しかし英語が堪能なら、バリ島に移住した人でも

現地の人と交流も出来るし仕事を探すことが出来る。

 

孤立したとしても、楽しい移住生活になるので、

その辺りは気にしなくてもいいと

長く海外に住んでいる自分は思う。

 

 

 

バリ島の物価は安い?バリ島移住失敗から知るバリ島へ移住後のデメリットや生活費、仕事とは?

 

バリ島の物価は実際に日本からの移住者にとって

どのくらい安いのか気になるのではないだろうか。

 

実際、バリ島の物価は安いのだが、

移住した後の生活のことも考えておかなければ

後悔することになる。

 

 

物価が安いということは、

現地で働くことになった場合の

給料も当然安いのからだ。

 

 

最近では物価があがりつつあるインドネシア。

 

 

物価の上昇とともに最低賃金も上昇しているが、

2020年のデータでは一番高いジャカルタで

月当たり約32,000円。

 

バリ島はインドネシアの中でも

最低賃金が低い地域になっているので、

月当たり約19,000円となっている。

 

 

十分な資金を持たずに移住してしまうと、

すぐにバリ島移住失敗という

筋書きが待っている。

 

 

バリ島の物価が安いという移住のメリットが、

準備不足でデメリットになりかねないことを

憶えておこう。

 

 

バリ島での生活費の相場は

日本と比べるとだいたい3分の1ぐらい。

 

独身で慎ましい生活を心掛けたとしても、

だいたい6~7万円ぐらいはかかる。

 

 

暮らし方など人によって生活費は変わるので、

バリに移住したあとの生活費についても十分に情報を集めて、

自分の合った計画を考えてから行動することが大事だ。

 

 

バリ島に移住し現地で仕事をするつもりなら、

日本人を対象とした求人もある。

 

だが、最低限現地の言葉がしゃべれないと

雇ってもらえない場合が多いところがネックになる。

 

 

 

まとめ。バリ島へ移住のデメリットについて

 

バリ島移住を失敗したくないなら、

自分の生活に合った資金計画が大事。

 

移住した後の生活をよくよく考えて、

バリに暮らしながらリモートで稼げる手段を

作っておくと更に安心だ。

 

 

また現地の言葉を話せるようにしておくと、

色んな場面で安心材料になる。

 

 

バリに住みたいと話す上島。

自分と同じく、人よりも自然が好きな人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

いつまでもアクティブでいたいあなたへ。

 

英会話の原理原則を学んで、

ブルドーザーのように前向きに仕事をして勝ち組になりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授