APECOの永住権についての評判!フィリピンやフィンランドで永住権の申請。ハロハロホームって?


 

フィリピンでAPECO、つまりAPRVを取るなら

個人的にはリタイヤメントビザをすすめたい。

 

 

フィリピン移住者による永住権情報、

ブログを手段にして現地に住むノウハウ。

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録をどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

近年、自然環境に配慮した

インフラ開発に取り組む

「APECO」地域が注目されている。

 

 

本記事では、

APECOに永住権を得た時、

「ハロハロホーム」について。

 

また、フィリピン航空に

ついての評判はどうなのか?

 

 

という疑問に関して述べていく。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンやフィンランドでapecoで永住権を申請。評判は?

 

フィリピンに永住権を得る手段の一つとして

「APRV(APECO特別永住権プログラムビザ)」

というものがある。

 

 

フィリピンの開発事業に

投資することでビザが取得できる。

 

 

このビザの特徴として

 

 

・取得可能年齢制限なし

 

 

・取得に必要な金額は

事業開発援助費20,000USドル+登録手数料150万円

(日本円で合計約370万円)

 

 

・取得に必要な滞在期間は5日

 

 

・滞在可能日数は無制限。

 

滞在義務はなく、出入国は自由。

 

現地での就労も可能

 

 

・必要書類はパスポートのみ

 

 

・更新は5年ごと・住居の必要性も不要

 

 

というものがある。

 

 

APRVの最大のメリットはやはり

短期間の滞在でビザ取得可能

という点である。

 

 

通常は約30~40日の滞在が一般的。

 

だが本ビザではたった

5日間だけというメリットがある。

 

 

実際に取得した人からも

短期間で取得が出来て魅力的だった

という声も挙がっている。

 

 

また、日本人でapecoの永住権を

フィリピンで取得した人の多くが

入国前後でフィリピンのイメージを変えている。

 

「フィリピンの気候風土、環境等が劣悪」

というイメージが、実際は

「すごく良い国である」とイメージを変えたのだ。

 

 

そういった意味ではapecoの永住権を

フィリピンで申請した人からはかなり

魅力的であるという評判が多く挙がっている。

 

 

一方のデメリットとしては

資金が少しかさむところである。

 

初期費用は他のビザの平均が

約4~500万なのに対して

約370万円。

 

 

比較的抑えられてはいるが、

かといって少ない金額

というわけではない。

 

 

また、他のビザは投資資金は

永住を辞めた際は返還されるものが多いのに対し、

本ビザでは永住を辞めたとしても資金は戻ってこない。

 

ただ、その点を考慮すれば

他にはメリットしかないビザである。

 

 

apecoのフィリピンでの申請に対する

評判の声が多く挙がるのは納得できる。

 

 

一方、フィンランドで永住権申請を行う場合は、

「外国人はフィンランドに4年住んだことが

条件で永住権申請可能」という規定がある。

 

ただ一点必ず気にしておかなければいけない点も。

 

 

「永住権を取得していたとしても、

フィンランドから仕事や学業などで2年以上離れてしまうと

フィンランドでの居住許可を失ってしまう」という点だ。

 

 

例えば自分の子供の学業で2年以上

フィンランドから離れてしまう場合が発生すると、

その時点でフィンランド永住権は失ってしまう。

 

フィンランドで永住権申請を行う際は、

「2年以上フィンランドから離れる出来事が発生しそうか」

も考慮したうえで申請すると良いだろう。

 

 

もし自分がフィンランドから2年以上離れた後、

再度フィンランドで居住許可申請を取得しようと思うと

かなり複雑な手続きを踏まなければいけない。

 

出来れば避けたい案件である。

 

 

その点で特に問題がなければ、

4年滞在すればフィンランドでも

永住権申請は可能となる。

 

 

 

ハロハロホームやフィリピン航空の評判って?

 

「ハロハロホーム(現GSR株式会社)」とは、

フィリピンの不動産や永住権取得の

サポートを行っている株式会社である。

 

事業所がフィリピンにあり、実際に

フィリピンから情報発信が出来ること。

 

 

現地でフィリピン人を雇用し、よりフィリピンと

密接な関係構築が可能となっているところが

ハロハロホームの強みである。

 

 

ハロハロホームは不動産や永住権取得以外にも

口座開設サービスやオフィス仲介サービス

などの事業展開もしている。

 

トータルコーディネートに加えて

長期的な付き合いも可能であるため、

利用者からも非常に評判が高い。

 

 

フィリピンは「英語圏」「人口増加」

「平均年齢の若さ(20代前半)」という大きな

経済成長の条件となる事項を全て揃えている。

 

今後も経済発展が大きく期待されている。

 

 

そんなフィリピンに永住権を

取得したいと思う日本人も少なくはない。

 

 

ハロハロホームは日本で唯一の

apeco特別永住権の広告代理店である。

 

フィリピンで永住権を取得したいと思った時、

永住権取得までトータルサポートしてくれるため

安心できる仕組みとなっている。

 

 

フィリピンのapecoで特別永住権を取得したいと思っているが

何から始めたらいいのか分からないときは

ハロハロホームの利用をおすすめする。

 

 

フィリピン航空とは、東南アジアで

最も古い航空会社である。

 

日本のANAは1952年設立、

JALは1951年設立と比べ、

フィリピン航空は1941年設立となっている。

 

 

フィリピン航空の評判としては

様々な声が挙がっている。

 

 

主な特徴として

 

 

・航空券が比較的安い

 

 

・日本とフィリピンを行き来する際、

日本語の分かるCAも登場している

 

 

・機内食サービスはあるが、味にムラがある

 

 

・個人用モニターが設置されている便と

設置されていない便がある

 

 

・エコノミークラスの座席が

リクライニングが出来ないほど狭い時がある

 

 

といったものがある。

 

 

以上の点を踏まえてフィリピン航空を

利用することを決めると

安心して搭乗できるだろう。

 

 

 

まとめ。Apecoの永住権の評判について

 

急激な経済成長を遂げているフィリピン。

 

日本の将来を不安視した日本人が

「他国でのつながりを持っておきたい」

と考える人が増えている。

 

 

その中でも特にapecoという

自然環境に配慮した開発地域への移住には

多く関心が寄せられている。

 

 

永住権を取得したいと思う人は

今後ますます増加していくだろう。

 

フィリピンへの永住権取得の方法として

短期間で取得可能なビザが存在するので

他国よりも断然取得しやすい環境である。

 

 

そんなフィリピンが今後apecoという地域を

中心にどのように発展していくのか、

ますます楽しみだ。

 

 

フィリピン移住を考えているみすず。

自分と同じくムカデに恐怖する人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授