フィリピンの正月!正月料理、年末年始や年越しはどう過ごす?クリスマス休暇は?


 

フィリピンの正月を一言で言えば、

爆竹の嵐(苦笑)。

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

ブログを手段にしてフィリピンに住む具体的なノウハウは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

メールアドレス >

 

 

日本では正月におせち料理を食べるが、

フィリピンではおせちのような料理はない。

 

フィリピン人は正月にどう過ごして

何を食べているのか?

 

 

フィリピン滞在中の自分が、

フィリピンのお正月について紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンのお正月について紹介!フィリピンの正月料理。年末年始の過ごし方。

 

日本のようなおせちではないが、

フィリピンでは正月にテーブル

いっぱいの料理を並べてお祝いする。

 

 

少し日本に似ている所は、

食べものによって意味がある事だ。

 

 

お正月にはTikoy(ティコイ)

という餅を食べる。

 

餅が幸運や家族同士をくっつけ、

関係を強めるとされている。

 

 

年末年始になるとフィリピンの家庭では

他にもいろいろな願掛け料理が並ぶ。

 

 

フィリピンではお正月に餅以外にも、

「麺のように長生きできますように」と、

パスタやパンシットという麺を食べる風習もある。

 

麺であれば大体何でもよいのだが、

パンシットというフィリピン風焼きそばや

パスタが家庭では一般的だ。

 

 

また、新年に丸いフルーツを食べ

「お金がいっぱい入ってきますように」

という願掛けをする。

 

12ヵ月分の願掛けをするために

12種類食べるのだ。

 

 

フィリピンの年末年始は家族や親せきと

集まりながらこういったものを食べて、

家族や親族の繁栄や幸福を願う。

 

食べるものは違うが、

日本のおせちの風習に少し

似ている部分もあるのだ。

 

 

 

フィリピンのクリスマス休暇はある?どんな風に過ごす?フィリピンの年越しについて。

 

フィリピンはキリスト教信者が

80%以上を占めているので、クリスマスは

とても大事なイベントの1つなのだ。

 

フィリピンではクリスマスが終わって

年越ししてもツリーや飾りは

そのままなのだ。

 

 

毎年12月24日25日、

フィリピンではクリスマス休暇で

国全体が祝日になる。

 

 

学校が休みになることはもちろん、

サービス業の仕事や病院まで

休みになるところが多い。

 

大型の商業施設などは空いているが、

フィリピンに旅行に行く場合は

覚えておくといい。

 

 

日本では除夜の鐘をならし、

家族で静かに厳かにお正月を迎え過ごすが、

フィリピンのお正月はとにかくにぎやかだ。

 

大晦日になるとローカルマーケットには

カウントダウン用の花火やラッパ、

丸いフルーツがいつもより多く売られ始める。

 

道は大渋滞で動くのもやっとなほどだ。

 

 

年末になると「Torotot (トロトット)」とよばれる

カラフルで大きな音のなるラッパが

街中の屋台などで販売される。

 

羽や賑やかな装飾を施されたものもあり、

子供たちはこぞってそのラッパを買い、

とにかく吹き続ける。

 

 

1つの笛の音だけでも相当なボリュームだが、

近所の子供たちが集まってラッパを吹きだすのだ。

 

あっちからもこっちからもと、

会話も聞こえないほどの騒音になる。

 

 

フィリピンでは大きな音で

邪気を払うという習慣が根付いている。

 

だからニューイヤーのカウントダウンにも

大きな音を立て、悪霊を追い払うのだ。

 

 

フィリピンは年越しの瞬間に

花火が大量に打ち上げられ、

爆竹やラッパが鳴り響く。

 

バイクや車はクラクションを鳴らしたり、

さらには鍋ややかんなど叩き、

とにかく大きな音を立てまくる。

 

 

住宅のど真ん中で

花火を打ち上げたりするので、

街中花火の煙で真っ白になるほどだ。

 

フィリピンの年越しは街中で

大騒音のお祭り騒ぎなのだ。

 

 

 

まとめ。フィリピンの正月について

 

キリスト教信者の多いフィリピンでは

クリスマスはとても大切にしている。

 

年末年始や正月も、

料理内容が全く違うが

日本の風習と少し似ている。

 

 

家族でそろって

「家族や親族の繁栄や健康」を

願った料理を用意して食べる。

 

 

新年は盛大に大量の花火を打ち上げたり、

ラッパや爆竹を鳴らし「大きな音で出し邪気を払う」

という文化を大事にしている。

 

賑やかで明るいパリピなイメージが強い

フィルピンの年越しだが、とても大切な行事であり、

フィリピン人は信心深い国民性も持ち合わせているのだ。

 

 

フィリピンで共に正月を過ごした茉奈。

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった人。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授