フィリピンは一夫多妻制や家政婦は夜も働くって本当?平均身長、夜のラジオって?夜の街は危険…


 

フィリピンに一夫多妻制があるという話は

時々耳にしますが、身近ではまだ目撃していません。

 

 

 

現地在住者によるフィリピン情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンは一夫多妻制の国なのでしょうか。

 

 

メイドや家政婦として働く

フィリピン女性も多いです。

 

 

また、フィリピンの夜の街は

経済成長が進んでいる中ではありますが

危険なのでしょうか。

 

フィリピンのおすすめ夜景スポットや

レストラン情報を交えながら

解説していきます。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンの夜の街は危険?外出禁止時間はあるの?夜の街での女性の服装や危ない地域など

 

フィリピンでは一夫多妻制ではなく

離婚さえできない国です。

 

どうしても相手と離れたい場合は

「離婚せず別居する」「裁判を起こして結婚を取り消す」

などの方法が取られます。

 

 

これはキリスト教の教えに

従っているためだと考えられます。

 

中絶も禁止なので出生率が高いです。

 

 

フィリピンの家政婦を

日本でも雇うことができます。

 

フィリピンでは住み込みの場合は

夜も働いてくれる家政婦はいます。

 

家政婦の勤務時間は交渉内容によります。

 

 

また、フィリピンといえば

パブやショーなど、夜も華やかな

イメージを持たれる方は多いでしょう。

 

しかしフィリピンの夜の街は

実際はどうでしょうか。

 

 

フィリピンの夜は街を離れると

危険だといわれています。

 

特にフィリピンで夜に女性が

1人で行動することは

あまり好ましくないでしょう。

 

 

これはフィリピンに限らず

どの国にもいえることです。

 

フィリピンは若者が中心の街が増え、

人口も増え続けている

経済成長もすさまじい国です。

 

 

近年治安は良くなっているとはいえ、

フィリピンの国全体的に

という意味ではありません。

 

 

例えば首都マニラの中でも

マカティやBGCなどのビジネスエリアは

治安が良いといわれています。

 

しかしマニラの中で

マラテやキアボなどの地域や街から

少し離れると注意が必要です。

 

 

場所によっては警察官でさえ

信用ならないほど危険な地域もあります。

 

 

例えばタクシーは空港にいるタクシー以外の

タクシーに乗ることは危険です。

 

タクシー自体がぼったくりだったり、

警察官とグルになって交通違反だと罰金を払わせたり、

強盗まがいのこともよく起きるといいます。

 

 

空港のタクシーに乗った場合も

必ず鍵をかけることです。

 

信号待ちをしているタクシーを狙って

ドアを開けてスリや持ち物を

強奪される可能性があります。

 

 

窓を開けていると貧しい子供たちが

窓の中に手を入れてきて「お金、お金」と

物乞いされることが多いのも現実です。

 

 

違法薬物の売買なども

行われる可能性が高いのは夜間です。

 

 

フィリピンでの夜の服装も常夏ではありますが

特に女性は肌をあまり露出する服装は

控えた方が良いでしょう。

 

 

マニラではコロナの影響で

夜7時から翌朝5時までの夜間外出禁止令が

出されています(2021年3月15日現在)。

 

普段はフィリピンの夜間外出禁止はありませんが、

夜21時以降の1人行動は必要がなければ

トラブルを避けるためにも外出しない方がいいでしょう。

 

 

 

フィリピンで夜景のきれいなおすすめ観光地…マニラで夜景のきれいなレストランやバーはある?

 

フィリピン旅行の際は、マニラの中で夜21時以降でも比較的

治安が良いとされるマカティやボニフォシア・グローバルシティなどの

ビジネスエリアに宿泊することをおすすめします。

 

この地域は街も発展していて、ショッピングモールもあり

仕事で来ている駐在員やその家族、外国人が多く

マニラの中では治安が良いとされています。

 

 

フィリピン夜景おすすめ観光地の1つとして、

フィリピンの夜景がきれいなレストランとして有名で

人気があるランタウがあります。

 

 

ランタウは、フィリピンの

セブ島市内北部トップスという

夜景スポットにあるレストランです。

 

現地駐在日本人の

おすすめレストランとして名高いので

1度行ってみることをおすすめします。

 

 

フィリピンで1番高い場所にあるバーで

街の夜景を眺めることができる71グラマシーも

おすすめです。

 

高級コンドミニアム「マカティグラマシーレジデンス」の

最上階である71階にあり、デートなどにおすすめです。

 

 

自分のようにフィリピンに

住んだことがある日本人であっても

まだまだ知らない地域がたくさんあります。

 

特にフィリピンに初めて行くという場合には、

まずは誰もが知っているおすすめの場所に

行ってみることをおすすめします。

 

 

 

まとめ。フィリピンは一夫多妻制?

 

フィリピンは一夫多妻制ではなく、

結婚は基本的に1回だけしかできない国です。

 

 

国民の80%以上がキリスト教信者のフィリピンでは

キリスト教の教えによって離婚が許されていません。

 

アメリカを始めとした

離婚が認められる法律がある国では離婚ができますが、

フィリピンは認められていません。

 

 

結婚を解消したい場合は

「裁判を起こして結婚を取り消す」「別居する」

といった方法を取ることが多いです。

 

 

そんなフィリピンの夜の街は

一部の地域を除いてまだまだ

治安は不安定だといえます。

 

特に旅行者はお金を持っていると思われがちで、

女性が夜に1人で出歩くことは

危険だとされています。

 

 

街を外れると犯罪や物乞いが増えて

危険度が増します。

 

フィリピンに限らず、外国では

夜間の外出は避けた方が無難でしょう。

 

 

しかし夜景がきれいなスポットや店などは

たくさんあって、とても魅力的な国です。

 

訪れる機会があれば、

ぜひ行ってみることをおすすめします。

 

 

フィリピンに住みたいと話す一樹。

 

自分と同じく、「女の子を喜ばせるため」が

すべてのモチベーションの人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

快活に生きていきたいあなたへ。

 

ビジネスの原理原則を学んで、

ブルドーザーのように前向きに仕事をして勝ち組になりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授