カジノフォンテンってどんな馬?競馬のオスメス、牡と牝の読み方まで


 

カジノフォンテンは人気の競走馬ですが、

競馬の賭け方のノウハウを知らないと、どんな馬でも

損をすることになります。

 

 

毎月競馬で勝てるノウハウを知りたいなら

以下の無料情報を請求してください。

 

 

近年、競馬で活躍を見せている

競走馬のカジノフォンテンとは

どのような馬なのでしょうか。

 

今回は、気になる競馬の牡と牝の強さ違いから

初心者向けの読み方まで、

競馬の牡と牝について紹介していきます。

 

 

 

カジノフォンテンってどんな馬?競馬の牡や牝の強さ、オスメスの混合のレースの見分け方

 

カジノフォンテンは

日本の地方競走馬の名前です。

 

 

父馬はカジノドライヴ、

母馬は上ヤマト南関東で

大活躍したジーナフォンテン。

 

母父がベストタイアップという血統の

登別上水牧場で2016年3月29日に生まれた栗毛の牡馬で、

小さなころは体が弱い牡馬でした。

 

 

馬主は吉橋興生、調教師は山下貴之のもと、

体質のハンデがありつつも諦めず

ゆっくりじっくりと育てられました。

 

 

川崎記念でダートグレード競争で

JpnI競争のタイトルを獲得。

 

2020年6月の京成盃グランドマイラーズでは

騎手の張田昴とともに重賞で

初制覇を勝ち取りました。

 

 

その後もJRA勢を見事退け、

1月の川崎記念に続きJpnIの

二勝目を勝ち取っています。

 

 

ジーナフォンテンは、その後も現在まで

素晴らしい活躍を続けている競走馬です。

 

2021年5月のかしわ記念では3~4コーナーで

先頭に立っており、5番人気のソリストサンダーに競り勝ち、

ハナ差をつけて見事優勝しています。

 

 

基本的に競馬では牡と牝は

混合でレースを行います。

 

ここで気になるのは競馬の

牡と牝の強さに違いはあるのか、差はないのか、

という部分を解説していきます。

 

 

過去には、競馬でのオスメス混合の

重賞のレースでは、距離1,800m以上なら

雌馬は切りと言われていました。

 

距離が長くなればなるほど、

持久力の面では牝馬は

不利な印象があります。

 

 

また、オスメスの差をなくすために、

斤量というレースでの施行条件で、出走するときに

馬が背負う負担重量が設定されます。

 

牡馬は牝馬より2キロの斤量差が設定されています。

 

 

この差を見るだけでも牝馬への期待値は

低いと思われるものの、1,200mなどの短距離レースでは

一転、牝馬への期待値は高くなります。

 

夏の重賞レースでも過去の牝馬の活躍もあり、

期待値は上がっています。

 

 

次に、競馬の牡と牝の

見分け方をご紹介します。

 

 

牡馬の見分け方は、両後ろ脚の間を

見ることで見分けることができます。

 

牡馬は股の間に男性器、

2つの玉袋もついているため、

馬の牡と牝を見分ける時に参考にしてみてください。

 

 

 

競馬のオスメスって?牡と牝の読み方、オスメスの混合のレースの割合、強さの見分け方とは?

 

前項では、競馬のオスメスの違いや

競馬の牡と牝の強さの差、

競馬の牡と牝の見分け方を紹介してきました。

 

では近年の競馬のオスメスの割合は

どうなのでしょうか?

 

 

長距離では期待値の低く、短距離では一転、

期待値が高い傾向にある牝馬ですが、JRAに登録されている

現役馬の割合としては牡馬が牝馬よりも多く活躍しています。

 

 

2010年の時点で、JRAに登録をされている

現役馬は牡馬が4839頭、牝馬が2887頭。

 

虚勢をされた牡馬のせん馬が

186頭と言われています。

 

 

せん馬を含めると牝馬は牡馬の

ほぼ二分の一の頭数となっています。

 

牡馬が多い理由は、牡馬のほうが

繁殖入りをしづらいことが

理由の一つとしてあげられます。

 

 

牝馬は繁殖入りすると年に1回しか

子供を産むことができませんが、牡馬は

年に100~200頭の種付けをすることができます。

 

牝馬は活躍をしている、していないにかかわらず

ある程度の年齢になると引退し、繁殖入りをするという流れが多く、

牡馬よりも牝馬の競走馬の登録数が少なくなる傾向にあるようです。

 

 

最後に意外と知らない

競馬の牡と牝の読み方をご紹介します。

 

 

初心者の方はよく

牡馬をおすうまやおとこうま、

牝馬をめすうま、と呼びます。

 

ですが、正しい読み方は、

牡馬を「ほば」、

牝馬を「ひんば」と読みます。

 

 

またほかにも牡馬の読み方としては、

種牡馬を「しゅほば」、種雄馬を「しゅゆうば」、

種馬を「たねうま」と読みます。

 

また、牝馬の読み方としては、

繁殖牝馬を「はんしょくひんば」、

肌馬「はだうま」と呼びます。

 

 

ぜひ、呼ぶときは正しい呼び方で

呼んでみてください。

 

 

 

まとめ。カジノフォンテンについて

 

今回は競馬の牡馬と牝馬の強さの違いや

見分け方から読み方までご紹介しました。

 

 

競馬に興味を持った方、

競走馬の牡と牝の違いを知るきっかけに

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

やはりカジノフォンテンに半分命を懸けた臼井。

自分と同じくソフトサラダが好きです(笑)。

 

 

 

最後に、

 

いつも陽気でいたいあなたへ。

 

ノウハウを知り、

自分が本当に興奮するテーマを見つけて目標達成しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授