上海へ単身赴任!食費や必需品、生活費、格安ホテルのおすすすめ。上海の年間気温や平均寿命。平均年収は?


 

上海に単身赴任するなら

生活費は東京都心と同じか、それ以上の覚悟を。

 

 

長期滞在者による上海の情報、

ブログを手段にして中国に住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

上海の単身赴任では生活費が

気になるところだろう。

 

中国なので物価が安いというわけではなく、

食費は2万円程度だが、家賃などは

日本より高い現実があるのだ。

 

 

 

スポンサードリンク

中国の上海へ単身赴任。食費や必需品、生活費。アパートで一人暮らしの家賃は?駐在生活や駐在妻のブログ。

 

 

中国への単身赴任となれば

上海に単身赴任することに

なる人も多いだろう。

 

中国への赴任の必需品は

マスクは必ず外せないアイテムだ。

 

 

単身赴任の生活費も気になると思うので、

上海の生活費や上海の家賃や

上海の食費に触れて紹介できればと思う。

 

 

上海の赴任が決まれば、企業からの

上海の駐在で生活するのか

上海の一人暮らしかで家賃は大きく変わる。

 

 

上海のアパートの場合は

日本円で約8万円が中央値で

2万円の前後があるだろう。

 

上海の駐在妻のブログでは

20万円以上の上海の生活のブログもあるので、

企業や住む場所により格差はあるのだ。

 

 

上海生活のブログはたくさん開設されているので、

マスク以外の上海の必需品はそちらを参考に、

カスタマイズすることが無難だ。

 

 

 

上海の格安ホテルのおすすめ。留学や転職の場合。香港の賃貸のマンションで日本人が一人暮らしする場合。

 

上海へ転職するにしても出張にしても、

上海のマンションや上海で賃貸を

借りるのは経済的ではない。

 

上海で格安に生活したり上海留学する場合は

上海のホテルがおすすめで安いプランだ。

 

 

上海のホテルで格安のおすすめは

予約サイトを活用する方法だ。

 

1泊2,000円未満から利用できるので、

月単位で計算しても上海のアパートの

下限値に収まるのだ。

 

 

上海の日本人のマンションの相場で

何倍も暮らせるので、留学や出張や転職活動の

ベース基地として暮らすには十分すぎるクオリティ。

 

上海のホテルは安いのでおすすめである。

 

 

上海の日本人のマンションの相場と、

香港の家賃で一人暮らしを想定すると、

同じくらいの相場になる。

 

 

約15万円は、香港で安全に暮らすためには

最低限のラインだと把握しておく必要があるのだ。

 

 

 

上海へ移住。求人はある?年間の気温や平均寿命、年収。観光の場合、服装は?グルメやツアーは安い?

 

上海の移住も人気がある。

 

上海の平均寿命も日本と変わらず

80歳を超えていることから

その環境のよさがうかがえる。

 

 

上海の年間の気温はほぼ日本と同じく、

冬は寒く夏は蒸し暑い傾向。

 

氷点下になったり40℃を

超えることはないので

過ごしやすい気候である。

 

 

中国の平均年収と上海の平均年収は

大きく変わらず、約160万円になる。

 

 

中国の政策が関係するので、

年収は予想と反する数字かもしれない。

 

だが、地元の昔からの住人は

経済発展と土地の価格高騰の結果の

副収入がイメージとして強いのだ。

 

 

年収はみな平均的で日本より

はるかに低いと認識していただいて

問題ないのである。

 

 

上海は余生のための移住ではなく、

成功したもののための

移住の側面があるのだ。

 

 

上海の求人も多くあり、

年収も日本と変わらない仕事も多い。

 

やはり求人の内容や質からいえば、

経済が発展している都市なのだ。

 

 

上海のツアーは安いイメージが

あるかもしれないが、過去の

イメージに縛られている要素もある。

 

 

上海のグルメが安いかといえば、

答えはNoである。

 

正確には、上海の人たちはグルメ志向なので、

味を追求した結果グルメが高くなる

といったところである。

 

 

安さではなく純粋にグルメを堪能するのであれば、

上海のツアーはおすすめできる上質なものである。

 

 

日本と気温の傾向が近い上海の観光は

服装の心配もいらないので、

上海のツアーは質の良いものなのだ。

 

 

 

まとめ。上海へ単身赴任

 

上海は総じて物価は高いと

考えておいた方が無難といえる。

 

 

グルメ志向ということもあり、

外食も高級店が多く高くなりがちだが、

価格に応じて質の高いグルメを堪能できる。

 

一般的な中国のイメージからは離れており、

安かろう悪かろうの都市ではないのだ。

 

 

物価が高いとはいえ、これは

輸入品やブランド品に限った話。

 

中国国内生産のアイテムに

限っては安いといえるだろう。

 

つまり関税の問題なのだ。

 

 

経済発展が著しい都市ではあるが、

平均年収は中国国内の数字に

収まっていることも知っておくべきである。

 

資本経済ではなく中国独自の

共産主義の事情があるのである。

 

 

しかしながら、ビジネスに成功した層が

多く集まっているのも事実である。

 

日本の年収と同等かそれ以上の求人も

多く存在するのが上海なのである。

 

 

中国の都市が好きな西山。

自分と同じくマッサージが大好物(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授