フィリピンへの渡航、いつから解禁?コロナに伴う渡航規制や注意点などを詳しく紹介


 

フィリピンへの渡航はいつから可能か?

 

こればかりは現地在住者も分かりません。

何しろ世界最長のロックダウンを続けている国です。

 

大統領もガンコです(苦笑)。

 

 

フィリピンのコロナ情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

フィリピンへの渡航はいつから解禁でしょうか。

 

 

コロナに伴い、多くの国が規制をしました。

 

 

入出国制限を徹底された国、

ある程度の規制で済んだ国、

どこの国からかにより規制が異なる国。

 

 

様々な条件のもと、

独自の制限が成されてきていました。

 

テロなどには無縁だった日本ですが、

新型コロナウイルスに関しては

日本も例外ではありません。

 

 

フィリピンはどうだったのでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピン、日本の渡航はいつから?コロナの影響、渡航情報や渡航費など…

 

フィリピンへの渡航はいつから解禁か。

 

フィリピンの渡航情報は、

コロナの影響を受けたのでしょうか。

 

フィリピンへの渡航費は

どれほどのものなのか。

 

 

フィリピン政府は、2021年2月に入り、

外国人の入国制限を緩和すると発表しました。

 

2020年3月20日までに発行され、

現在も有効なビザ(査証)を

保有する外国人が対象となります。

 

 

2020年12月末には、

フィリピンへの渡航制限に

日本も対象となっていました。

 

新型コロナウイルスの感染が

確認された国が対象となり、

多くの国が入国禁止となっています。

 

 

フィリピンへの渡航が、

コロナにより随分と大きな

影響を受けたのです。

 

もちろんこれは、

フィリピンや日本に

限った話ではありませんが。

 

 

現在は、条件付きでの

入国緩和が認められます。

 

これでも気軽にフィリピンに

行けるわけではありません。

 

PCR検査など、

条件を満たした上での

入国許可となります。

 

 

 

フィリピン 渡航の条件や注意点は?ビザや費用、予防接種は受けられる?パスポートの有効期限もチェック

 

フィリピンへの渡航の条件を

もう一度まとめました。

 

 

まず、外国人はフィリピン渡航にあたり、

ビザが2020年3月20日までに

発行されているかがポイントとなります。

 

もちろん、現在も有効なビザ(査証)を

保有していることが対象となります。

 

 

フィリピン渡航の費用は、

東京発の飛行機で

往復五万円が相場です。

 

が、航空会社により様々なので、

時期によっては三万円前後からも

可能となります。

 

 

フィリピンへ渡航する注意点は、

ビジネスか一部の該当者のみ

であることです。

 

バカンスでフィリピンに行くことは、

まだもう少し先の話になりそう。

 

 

入国許可の降りている人でも、

最初は隔離施設の予約が必要です。

 

ホテルでのPCRの検査の後、

陰性であっても14日間は

自治体の厳重な管理下にあります。

 

 

フィリピンは日本よりずっと厳しく、

コロナウイルスの対策がされています。

 

条件を満たしたからと言って、

気軽な入国と思うことはやめましょう。

 

 

また、フィリピン渡航時に、

パスポートの有効期限も

確認してください。

 

 

 

フィリピンの渡航に伴う隔離やpcr検査はある?日本とフィリピンの渡航費は?火山などの危険も…

 

フィリピンに渡航した際、

隔離されることは確実です。

 

フィリピン渡航後、

隔離施設でpcr検査が行われるのです。

 

 

そこで陰性だからといって、

簡単に自由の身にはなれません。

 

2週間の隔離が必ず付いて回るので、

忘れてはいけません。

 

 

そもそもフィリピンに

渡航したいと考えているのなら、

情報で火山のこともご存じでしょうか。

 

 

フィリピンに渡航するのに、

今は火山の方が問題かもしれません。

 

 

今回、43年ぶりにタール火山が噴火しました。

 

これにより、マニラ中心部には

火山灰が積もっています。

 

 

一時は空港の封鎖もされていました。

 

火山灰が飛行機のエンジン内に入り込むなど、

大きな被害となることを想定してです。

 

 

渡航は危険なので、急ぎでなければ

フィリピンはもう少し先延ばしに

した方がいいでしょう。

 

とはいえ、予定がある人は

どうしようもありません。

 

 

まずフィリピンに入れるのかを

念頭に置いて考えましょう。

 

 

日本からフィリピンへの渡航費用は、

航空会社により違います。

 

また、直行便か経由便かにもよるので、

最安値の便を探すこともできます。

 

 

 

外務省によるフィリピンへの渡航の注意点、手続き方法や時間についてチェック!渡航情報、コロナの影響など

 

最後に、外務省によるフィリピンへの

渡航の注意を見ておきましょう。

 

 

外務省の感染危険情報でも、

フィリピンはレベル3にあたります。

 

つまり、フィリピンへの渡航は、

コロナの感染の可能性も

あるということです。

 

 

フィリピンへの渡航には

多くの手続きが必要となりました。

 

 

・入国するための登録

 

・隔離ホテルの予約

 

・現金でのPCR検査の費用の準備

 

・隔離誓約書

 

 

などなど、今までのノービザで

旅行ができる時代は終わりました。

 

 

フィリピンへ日本からの

渡航時間は約四時間半と、

とても便利な距離でした。

 

が、新型コロナウイルスの影響で

気軽に入国できる国では

なくなってしまいました。

 

 

気になる人は、

今後の外務省が発表する

フィリピン渡航情報に注目してください。

 

 

 

まとめ。フィリピンの渡航はいつから?

 

フィリピンへの渡航は、

いったいいつから

自由になるのでしょうか。

 

 

今ではなかなか

どの国も難しいです。

 

が、徐々に緩和されて

きているのも事実です。

 

 

コロナで職を失う人も

多く出てきているのは、

日本だけではありません。

 

 

海外でも、

その国の人が職を失う状況。

 

移住するのはまた、

特別なスキルがない限り

難しくなりそうです。

 

 

フィリピンに戻りたいと話す山下。

自分と同じく、太りやすい体質に悩んでいます(笑)。

 

 

 

最後に、

 

熱しやすく冷めやすい性格を強みに変えたいあなたへ。

 

このコンサルで稼ぎ方を学び、過去最高の収入を目指した

エキサイティングなビジネスをしませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授