仮想通貨の分離課税の2021年版!いつから?累進課税から分離課税の可能性は?2022年?いつ?


 

仮想通貨の分離課税(2021年)が話題ですが、

何はともあれ仮想通貨で稼げるノウハウは必須です。

 

あなたが本物の投資ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

仮想通貨が分離課税になるのか

どうかが注目されていますが、

2021年はどのような状況なのでしょうか。

 

 

今後、仮想通貨が累進課税から

分離課税に変わる可能性があるのか、

海外の状況も踏まえて検証してみました。

 

 

 

仮想通貨の分離課税は2021年?いつから?累進課税から分離課税になる可能性は?海外と日本の現状を紹介

 

近年話題になっている仮想通貨ですが、

現在はまだ通貨としての機能よりも

投資対象として見られている印象が強いです。

 

投資対象となっている

仮想通貨を売買することによって

利益を得ている人もたくさんいます。

 

 

そこで問題になっているのが、

仮想通貨の売買で得た利益に

かかってくる税金です。

 

現在の税法では、

仮想通貨の売買によって得た利益は

「雑所得」というカテゴリーに分けられます。

 

 

雑所得の場合は

他の所得と合計してから課税され、

このような形を総合課税といいます。

 

総合課税の税率は所得が大きいほど高くなる

「累進課税」の方式なので、仮想通貨での取引は

利益を多く得るほどたくさんの税金を払うことになります。

 

 

この点が他の投資に比べて不利であり、

仮想通貨も分離課税にするべきだという意見が出ていて、

国会でも議論され始めています。

 

仮想通貨の分離課税について2021年現在は、

2020年の末に国会で議論された内容から判断すると、

分離課税にはまだ時間がかかりそうな状況です。

 

 

その内容とは、金融庁がまとめた

税制改正要望項目の中に

仮想通貨が含まれていなかったことです。

 

その一方で、仮想通貨の業界団体が

自由民主党に税制改正要望書を

提出しています。

 

 

仮想通貨の分離課税がいつから行われるか、

予想の目安としてはFXの件があります。

 

FXは1998年に商品として導入されてから

2012年に分離課税が適用されるまで、

実に14年もかかっています。

 

 

仮想通貨は累進課税から

いずれ分離課税になる可能性が高いとはいえ、

もう少し時間がかかりそうな状況です。

 

 

ここで仮想通貨の課税に関して

海外と日本の現状を紹介していきます。

 

 

仮想通貨の分離課税は海外では既に

導入されている国もあり、アメリカ合衆国では

株式投資と同じ課税になっています。

 

その他、ドイツやシンガポールでは

一定期間以上の所有になると税制上の優遇があったり、

スイスでは個人投資家の譲渡所得税が免除されています。

 

 

一方、仮想通貨の分離課税は、

既に述べたとおり

日本ではまだ導入されていません。

 

最大で55%の税がかかり、

仮想通貨を取引している諸外国と比べると

極めて高くなっています。

 

 

ちなみに日本人が

海外の仮想通貨を取引していても、

利益は日本の税法に則った課税対象となります。

 

 

 

仮想通貨の分離課税は2021年?2022年?海外はいつ…日本の将来は?

 

仮想通貨にも分離課税が

導入されることが待ち望まれていますが、

2022年の見通しはどのようなものでしょうか。

 

 

現在、日本の仮想通貨には

最大で55%もの税金がかかっており、

税制の見直しを求める声が方々から挙がっています。

 

それは、日本の仮想通貨にかかる税金が

諸外国に比べて極端に高額であるからです。

 

 

仮想通貨の分離課税がいつ頃導入されるのか、

近年の仮想通貨を巡る動きや前例などから

予想してみましょう。

 

 

仮想通貨は2012年に商品化されて以来、

2017年に金融庁への登録が必須になり、

昨年2020年には支払調書制度の適用が開始されました。

 

ここでFXの例を紹介すると、

FXは2009年に支払調書制度の適用が開始され、

その3年後に現在の仕組みになりました。

 

 

FXも開始当初は最大で55%もの総合課税が

かかっていましたが、現在は申告制の

分離課税が導入され、税金は20%となっています。

 

その例から推測すると、仮想通貨に

分離課税が導入されるのは2年後の

2023年頃ではないかと予想されます。

 

 

仮想通貨の分離課税は既に

国会で議論されるほど強く望まれています。

 

将来的には導入されるでしょうが、

もう少し時間がかかりそうです。

 

 

仮想通貨の分離課税は、

海外では既に導入されている国もあり、

個人投資家に対して課税なしの国もあります。

 

ちなみに、お隣の韓国では

2022年から仮想通貨の税金が20%になります。

 

 

また、近年金融業界で注目されている

ブロックチェーンも

仮想通貨に大きな影響を及ぼしています。

 

銀行を介して通貨を管理するより

はるかに安いコストで運営できるということで、

画期的な発明とされています。

 

 

仮想通貨の分離課税を、

日本でも導入される日が待ち望まれています。

 

 

 

まとめ。仮想通貨の分離課税について

 

仮想通貨が分離課税になるのかどうか、

2021年の状況を中心にお伝えしてきました。

 

 

海外の仮想通貨では

日本よりも早く分離課税が導入され、

さまざまな優遇も見られます。

 

今後、いつ仮想通貨が累進課税から

分離課税に変わるのか

注目していきたいと思います。

 

 

仮想通貨にドップリハマっている春日。

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった男です(笑)。

 

 

最後に、

 

人生に喜びがないあなたへ。

 

本当に稼いでいる人から学んで

欲しいものリスト全部買えるくらい稼いでみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授