仮想通貨は送金のメモで送金失敗?手数料の比較で送金手数料が安いものを選ぶ…税金と送金スピードについて


 

仮想通貨の送金のメモとは、

仮想通貨ステラルーメン送金時の識別用数値。

 

 

あなたが本物の投資ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

仮想通貨の送金のときに使用する

メモというものは一体何でしょうか?

 

また、仮想通貨の送金をミスすると

どのような問題が起きるのでしょうか?

 

 

ここでは仮想通貨の送金の仕組みや

税金についても併せて紹介します。

 

 

 

仮想通貨の送金のメモ!手数料を比較!送金手数料が安い、高いにはウォレットの送金の方法が関係する?

 

仮想通貨のメモとは、

ステラルーメン(XLM)を

送金するときの識別用の数値です。

 

仮想通貨ステラルーメン(XLM)を送金するとき、

メモを入力することによって、そのステラルーメンが

本人の物であることを認識することができます。

 

 

仮想通貨のステラルーメン(XLM)を送金や出金するとき、

メモを指定することを忘れたり、メモを間違えて

送金や出金に失敗してしまうことがあります。

 

出金が完了してしまってからメモの間違いが発覚しても、

取引所では対応してくれなくなってしまうので、

メモを間違えないように注意しましょう。

 

 

仮想通貨の送金をするときには

送金手数料がかかります。

 

送金手数料は取引所ごとに違うので、

ある程度の料金をあらかじめ

知っておくことが良いでしょう。

 

 

ここで仮想通貨の送金にかかる

手数料の比較をしてみましょう。

 

 

仮想通貨の送金手数料が安いのは

コインチェックとDMM Bitcoinで、

取引手数料は無料です。

 

 

ただしコインチェックでは

入金・出金の手数料がかかります。

 

DMM Bitcoinは

入金・出金・送金手数料も無料です。

 

 

実は仮想通貨の送金手数料が高いことは、

悪いことばかりではありません。

 

 

送金手数料の中には、

送金手続きを代行してくれるマイナーに支払う

マイナー手数料というものが含まれています。

 

送金手数料が安いと

質の高い送金業務を期待することができず、

送金に時間がかかってしまうのです。

 

逆にマイナー手数料が高いと、

それだけ質の高い送金業務が期待できることになり、

送金スピードが速くなります。

 

 

仮想通貨のウォレットとは仮想通貨のために

存在する財布のようなものであり、送金方法は

ウォレットから別のウォレットに移します。

 

仮想通貨の送金手数料が安いか高いかは

ウォレットの送金の方法が関係しています。

 

 

 

仮想通貨の送金のメモで送金ミス?確認しないと失敗する!仕組みや規制…利益の確定や贈与税

 

仮想通貨の送金ミスは、

メモ間違いが原因であることが多いです。

 

仮想通貨の送金に失敗すると、

最悪のケースではその仮想通貨が

消失してしまうので注意が必要です。

 

 

このように仮想通貨の送金ミスには

大きなリスクがあります。

 

仮想通貨を送金するときは、

十分に確認してから行いましょう。

 

 

また、もう1つの送金ミスとして

送金詰まりという現象が起こることがあります。

 

これは特定の仮想通貨を大量に送金した場合、

取引の承認手続きが間に合わずに

送金先へ届く時間が遅くなることをいいます。

 

 

できるだけ早く送金してもらいたいときは、

マイナーに支払う手数料を高くすると

優先的に送金してもらえる場合があります。

 

 

仮想通貨の送金の仕組みは、取引所ごとに存在する

電子的な財布のウォレットから別の取引所のウォレットへ送るか、

同一の取引所の他人のウォレットに送るというシステムです。

 

仮想通貨のまま送金することは、

法定通貨で送金するよりも手数料が抑えられたり、

法定通貨よりも送金時間が短いメリットがあります。

 

 

仮想通貨の送金に対する規制は、

2018年の6月から導入された

海外への送金時に関するものがあります。

 

3,000万円を超える送金があった場合は

超過分を報告しなければならないというものです。

 

この規制は脱税などの

マネーロンダリングを防ぐ

目的もあって導入されました。

 

 

また、同じ時にGoogleが

仮想通貨に関する広告の掲示を

禁止するという規制も始めています。

 

 

仮想通貨の送金をするとき、

自身のウォレットに送金するときは

税金がかかりません。

 

ただし、他人のウォレットに

送金する場合は利益確定とみなされ、

税金が発生する可能性があります。

 

 

また、仮想通貨の送金をするとき、

贈与税がかかる場合があります。

 

110万円を超える価値の仮想通貨を送金した場合、

受け取った人に贈与税がかかる可能性が

あるというものです。

 

 

仮想通貨の送金はしっかり

確認しないと失敗してしまいます。

 

仮想通貨を送金するときは、

決して送金ミスをしないように

確認しましょう。

 

 

 

まとめ。仮想通貨の送金について

 

仮想通貨の送金は、

メモを入力することによって

本人であることが認証されます。

 

 

仮想通貨の取引は、

コインチェックが手数料が安く、

システムも分かりやすいのでおすすめです。

 

 

仮想通貨で送金ミスをすると、

その仮想通貨を失ってしまうことがあるので

十分に注意しましょう。

 

 

モナコインでガツンと損失を出した順次。

自分と同じく、チョコミントに目がない人です(笑)。

 

 

最後に、

 

今の中途半端な自分を変えたいあなたへ。

 

ノウハウを知り、

あなたの持っている可能性を引き出し自分らしく成功しませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授