株式投資の個人事業主のメリット!株式の投資は何歳から…経費と節税、サラリーマンの仕訳と確定申告


 

株式投資も含め、個人事業主のメリットは

自分で納税と税金の管理ができることです。

 

 

あなたが本物の投資ノウハウを知りたいなら

以下をすぐに確認してください。

 

 

株式投資をしている個人が法人化して

個人事業主となるメリットがあるならば、

興味がある方もいるのではないでしょうか。

 

 

ここでは株式投資を

個人事業主として行う場合のメリット、

確定申告と税金対策を紹介します。

 

 

 

株式投資の個人事業主のメリット!株式の投資は何歳からできて仕訳と税率は?

 

株式投資で利益を得て生活している

個人投資家が法人化して個人事業主となることに

メリットはあるのでしょうか?

 

 

個人投資家が投資活動を

業務として法人化する場合、

資産管理会社という名目になります。

 

もし法人化することでメリットが

あることが分かれば、検討する投資家も

多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、個人投資家が法人化して

個人事業主となる

メリットとデメリットを説明します。

 

 

個人投資家が資産管理会社を設立して

個人事業主となる場合。

 

 

まずメリットとなるのは、

利益にかかってくる税率を

下げることができます。

 

法人ですから、

利益を上げるために消費した出費を

経費で落とすことができるからです。

 

 

たとえばデイトレードで使用する

パソコンやスマートフォンなどが

それに該当するでしょう。

 

ただし、これには所有期間が1年以下の

取引に適用される「事業所得または雑所得」に

該当しなければなりません。

 

 

個人での投資活動のときよりも

経費として認められる範囲は広くなります。

 

自身が給与として受け取る報酬や、

家族を役員にしたときの役員報酬も

これに該当します。

 

 

また、会社で加入した生命保険や、

法人名義の賃貸物件もこれに該当します。

 

資産運用に関わるものは

基本的に経費として認められます。

 

 

次に、分かりやすいメリットの1つとして、

株主優待があります。

 

 

個人と法人の両方で株を所有していれば、

その両方で株主優待を受けることができます。

 

株式の所有数が多いほど、

株主優待で受けられる恩恵は大きくなります。

 

 

さらに、個人と法人の両方で

IPO株(新規公開株)を

申し込めることもメリットです。

 

 

IPO株は抽選になることが多いので、

購入することは簡単ではありません。

 

ですが、個人と法人の両方で

申し込むことができるので、

その分当選する確率が上がります。

 

 

個人事業主として法人化するデメリットは、

決算報告などの事務的な手間が

かかるということがあります。

 

また、法人設立のための費用や、

社会保険の加入義務があることも

デメリットといえます。

 

 

株式投資をする人が個人事業主となる場合、

メリットとデメリットのウェイトが

重要になってきます。

 

個人事業主の株式投資は、

経費で落とすための

仕訳が必要になります。

 

 

ですが個人事業主の株式投資は、

出費を経費で落とすことによって税率を

下げることができるのは確かに大きいです。

 

 

では、株式投資は

何歳から始めるのが望ましいのか。

 

これは、ある程度社会経験を積んだ

20代後半くらいから始めるほうが

経済状況を読みやすいと考えられます。

 

 

 

株式投資の個人事業主のメリット!株式の投資の経費と節税…サラリーマンの確定申告と税金を紹介

 

個人投資家から法人化して個人事業主となった場合、

株式投資にかかる費用を経費で落とすときは

どんなことに注意が必要なのでしょうか。

 

 

それは、業務に関係ないものまで

経費として落とそうとすると

脱税を疑われるリスクがあることです。

 

 

法人化した個人事業主が株式投資にかかる費用を

節税したい場合、かかった費用を経費で落とすのが

最も分かりやすい節税です。

 

実際に経費で落とせるかは

税務署に問い合わせるのが望ましいのです。

 

 

税務署から尋ねられた場合、どんな用途で

使用した費用なのかを明確に伝えることができれば、

経費で落とすことができる可能性があります。

 

 

サラリーマン投資家が法人化して

個人事業主となった場合、株式投資で

利益を上げたら確定申告しなければなりません。

 

個人事業主として株式投資する人の確定申告は、

開設している証券口座の種類によって変わってきます。

 

 

証券口座には特定口座と一般口座があり、

さらに特定口座は源泉徴収がある場合と

ない場合に分かれます。

 

 

特定口座を所有していて源泉徴収があるなら、

自分で確定申告をする必要はありません。

 

ただし年間20万円以下の利益しか出ていなくても、

自動的に税金が引かれます。

 

 

一方で特定口座の源泉徴収がない場合と、

一般口座の場合は、自分で確定申告を

行わなくてはなりません。

 

 

ただし、年間20万円以下の利益なら

確定申告の必要はありません。

 

個人事業主として株式投資する人の税金は、

経費で落とせるものかどうかの確認と、

確定申告が必要かどうかで違ってくるのです。

 

 

 

まとめ。株式投資で個人事業主にするメリットについて

 

投資家が法人化して個人事業主となる

メリットとデメリットを紹介してきました。

 

 

株式取引に関する法改正が行われることもあるので、

節税も常に新しい情報に目を向けることが

必要になります。

 

 

株式投資をする個人事業主は、

税金面で優遇される一方で、

事務手続きの手間が増えます。

 

よく考慮して法人化を行うとよいでしょう。

 

 

株式投資にドハマり中の野島。

自分と同じくフェミニストです(笑)。

 

 

最後に、

 

陽気な人を増やして世の中を明るくしたいあなたへ。

 

なりたい自分を見つけて目標達成する人生を楽しみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授