フィリピンにも醤油がある?シルバースワンについて現地在住者が紹介!


 

日本特有の調味料のような気がするが、

フィリピンにも醤油がある。

 

自分が大好きなアドボの味付けにも

欠かせない。

 

 

フィリピン在住者による現地情報、

ブログを手段にしてフィリピンに住む具体的なノウハウは

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

日本の食事に絶対的な

存在感を示している醤油。

 

外国にはどんな醤油はあるのだろうか。

 

 

今回はフィリピンには醤油に

どんなブランドがあるのか紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンの醤油、シルバースワン。どんな味?

 

どうやらちゃんとフィリピンにも醤油はあった。

 

日本と同じ大豆から作られているが、

違う部分で言えば小麦が入っていないという点。

 

 

フィリピンの醤油は大豆と塩で作られていて、

日本の醤油に比べてかなり塩辛いのが特徴的。

 

 

色は真っ黒。

 

使うのに躊躇してしまうほど

漆黒の黒に近い。

 

 

日本料理は合わないから、

ユーチューバー以外の人は

やめておいた方がいいだろう。

 

 

味はどちらかというと濃い塩水に近く、

日本の醤油のようなコクはなく、

好みもあるがあまり日本人の口には合わない。

 

今後フィリピンへ滞在する予定のある人は、

美味しく食事が食べたいなら

日本から醤油を持っていった方がいい。

 

 

ちなみにフィリピンでは

日本の醤油は2倍の値段で売られているから

気軽に買うことは中々できないだろう。

 

フィリピンへ旅行するなら

現地の味を楽しむのもあり。

 

 

フィリピンでは数種類の醤油がある中で、

最もポピュラーなのは

「シルバースワン」という商品名の醤油だ。

 

フィリピンでは40円ほどで購入でき、

安さも人気の理由のひとつ。

 

 

日本では買うと

税金やら増しに増され、

1,000円ほどの金額になる。

 

日本では値段的に高級醤油の部類に

ランクアップしてしまう。

 

 

「お高いから間違いなく美味しいんだ」

と手に取ってしまうと、それが

フィリピン醤油である可能性もある。

 

 

見た目はほぼイソジ◯のような

うがい薬に似ている。

 

 

やっかいな所はフィリピンの醤油ケースは

一度、蓋を開封すると

閉まらなくなる作りをしている。

 

開けたら開けっ放しになってしまう。

 

 

その為、一回開封したらラップなどで

漏れないように工夫する必要がある。

 

 

 

フィリピンの醤油、シルバースワンの使い方、レシピを紹介。

 

色んな種類のフィリピン醤油がある中で

最もポピュラーな「シルバースワン」の

使い方を簡単に紹介していこう。

 

 

やはり、日本の料理にフィリピンの醤油は合わないから、

どうしてもフィリピン料理に近いものになってしまう。

 

 

シルバースワンの醤油は

塩辛くてしょっぱいのが特徴的だから、

基本的にはかけすぎは注意。

 

しっかり計りながら料理してもらいたい。

 

 

フィリピンでは、人気な「アボド」という

豚肉や鶏肉を醤油やお酢を入れて

煮込む家庭料理がある。

 

アボドは日本でもよく作られていて、

人によって作り方が多種多様。

 

 

フィリピン醤油を使わないで

作ったりしている家庭もある。

 

これがご飯との相性が抜群。

 

 

「アボド」のレシピ

 

 

1.

豚バラ肉500gと玉ねぎを

食べやすい大きさに切る。

 

 

2.

水と生姜を鍋に入れて

中火で豚肉の臭みをとる。

 

アクが浮いてきてら

水を捨てて、豚肉を水で洗う。

 

 

3.

豚肉・玉ねぎ・磨り潰したにんにく2個・

ローリエ数枚

 

水1カップ・醤油3/4カップ・ポン酢1カップ

 

鍋に入れて中火で60分ほど煮込んで出来上がり。

 

 

簡単でめちゃくちゃ美味しい。

 

是非お試しあれ。

 

 

他にも一品紹介。

 

 

「パパイヤリチー」のレシピ

 

 

1.

パパイヤの種を取って

水に浸けてアクをとって細く切る。

 

ニンジンも同じ大きさに切っておく。

 

 

2.

水をしっかり切り、

油を使わずにパパイヤと人参を炒める。

 

 

3.

パパイヤが透き通ってきたらツナ缶をいれる。

 

 

4.

火が通ったら、シルバースワンの醤油、

顆粒だし、こしょうで味付けし完成。

 

 

フィリピンでは人気の家庭料理である。

 

 

フィリピンでは醤油で、

煮込んだり、炒め物に使ったり、

お寿司の醤油のように付けたり。

 

日本と使い方は変わらない方法で調理されている。

 

 

 

まとめ。フィリピンの醤油について

 

フィリピンの醤油は

フィリピン料理に合うということ。

 

 

日本では馴染みのないフィリピンの醤油だが、

旅行に行った時は是非とも、

現地の味を堪能してほしい。

 

 

フィリピンで時々遊ぶ秋山。

自分と同じく「結婚不要」派だ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授