沖縄へ移住、仕事は?50代、40代のアドレスホッパー。女の沖縄移住支援は?後悔…費用の現実とは


 

沖縄へ移住するなら、仕事は

特に50代ならほとんどないと考えておこう。

 

そのためにも、オンラインでスモールビジネスを。

 

 

ブログを手段にして沖縄に移住するには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

のんびりした生活が送れそうな

イメージを持たれやすい沖縄。

 

 

本記事では、沖縄移住の

メリット・デメリットや仕事探し。

 

 

40~50代のアドレスホッパー

としての沖縄移住支援。

 

一人暮らし、女性の沖縄移住支援。

 

 

そして沖縄への移住費用について述べていく。

 

 

 

スポンサードリンク

沖縄に移住した50代、40代。アドレスホッパーの暮らしは厳しい?仕事はある?一人暮らしの費用は?

 

沖縄移住は快適な生活が送りやすいイメージを持つ人が多いが、

実は移住後のイメージとのギャップが大きい地域もある。

 

そのギャップを生み出さないためにも

事前の下見と短期滞在を徹底して行う必要がある。

 

 

沖縄への移住は実は厳しいところがいくつかある。

 

沖縄に移住した50代や40代の人たちが

まず苦労するのは仕事探しだ。

 

 

実は沖縄の求人倍率は全国でもワースト1、2位を争う。

 

 

正社員としての就業は難しいものの、

アルバイトであれば仕事は探しやすくなる。

 

 

沖縄は全国平均よりも賃金が低いデメリットもある。

 

 

だが、この特徴を逆手にとって、

人件費削減のために沖縄にコールセンターを

設置している企業もある。

 

そんなコールセンターでは女性が採用されやすい。

 

 

沖縄移住して仕事探しをしている50代、40代の女性は

コールセンタースタッフとして働けるケースがある。

 

 

また、近年新しい生活様式として

アドレスホッパーという暮らし方が注目されている。

 

アドレスホッパーとは家を持たない

生活をしている人たちのことを指す。

 

 

アドレスホッパーの沖縄でのおすすめ場所として、

きれいな海が眺められる離島、

特に石垣島や宮古島が挙げられている。

 

 

沖縄に一人で移住したいと思っている人も多いだろう。

 

 

沖縄移住のおおよその費用として、

一人暮らしでも引越し費用などで少なくとも

50万円はかかると考えなければならない。

 

 

もしも沖縄で賃貸契約をするのであれば、

地元の不動産業者にあらかじめ連絡をしたうえで

契約すると費用が抑えられるケースもある。

 

 

インターネットを有効活用し、

より快適な物件探しをすると良いだろう。

 

 

 

女の沖縄移住支援はある?沖縄移住の費用や支援、後悔から学ぶ移住後の現実とは?

 

女性に対して沖縄移住支援制度は

設けられているのだろうか。

 

 

女性の沖縄移住は色々と不安になる部分が多い。

 

しかし、前述したように、コールセンタースタッフとして

女性が採用されやすい環境があるため、

積極的に応募しても良いだろう。

 

 

また、女性への沖縄移住支援制度を

設けている自治体もある。

 

 

例として、沖縄県久米島町では

妊娠・出産に対する補助金や助成、

子育て支援などに力を入れている。

 

女性で沖縄移住を検討している人は、

一度相談を受けても良いだろう。

 

 

沖縄移住の費用に関しては前段落で述べたとおりだが、

家族で沖縄移住となると100万円以上かかると考えていい。

 

家族人数と費用相場は事前にしっかり調べておこう。

 

 

ただ、場合によっては沖縄移住を

おすすめ出来ない場合もある。

 

沖縄移住をして後悔したことや

直面した現実がいくつか挙げられている。

 

 

・引っ越し代以外に費用がかさむ(例:宅配便の送料など)

 

・公共交通機関の利便性が悪い

 

 

どうしても沖縄となると本州から

離れた土地になるため、

送料が高くついてしまう。

 

 

また、車での移動がメインなので

公共交通機関はあまり発達していない。

 

 

車の運転が難しい人は場合によっては

生活が厳しくなってしまう。

 

 

 

まとめ。沖縄に移住して仕事(50代)は?

 

本記事では、50代・40代の沖縄移住の

費用、仕事探しについて述べてきた。

 

 

老後に沖縄移住したいと考える人も多いと思うが、

実は沖縄は場合によってはかなり

住みにくいと思ってしまうこともある。

 

 

必ず事前に情報収集を行い、自分に合った

移住先なのかどうかを見極める必要がある。

 

 

沖縄への移住生活にギャップを感じないためにも、

メリット・デメリットは何があるのかを

しっかりと覚えておこう。

 

 

沖縄に住みたいと話す金山。

自分と同じくホラー映画が苦手(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授