しょうもない仕事…仕事がくだらない、やめたい。くだらない仕事ってどんな会社?


 

しょうもない仕事とは、

一言で言えば「人の役になっている実感がない」仕事。

 

 

楽しく仕事をするヒント、

 

ブログを手段にして
お金の不安と人間関係のストレスをなくす方法。

 

これを知りたいあなたは
以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

しょうもない仕事とは?

 

 

仕事がくだらない、辞めたいと感じることは

誰もが思ったことがあるのではないか。

 

 

そうなったときに、

辞める基準や辞める会社について紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

しょうもない仕事…仕事がくだらない。くだらない仕事って?

 

仕事がしょうもない、

仕事がくだらないということは

一度は通る道だ。

 

 

だが、しょうもない仕事や

くだらない仕事とは

どういうものなのか?

 

ほんとうにあるのだろうか?

 

 

自分の経験から考察してみる。

 

 

そもそも論になってしまうが、

しょうもない仕事や

くだらない仕事というものはない。

 

どのような仕事であっても、

重要な意味を持っていて、そのことで

世の中の活動が循環しているのである。

 

 

つまり、仕事がしょうもない、

仕事がくだらないという仕事は

本来は何一つないのだ。

 

 

くだらないから仕事が嫌だ、

くだらないから仕事を辞めたいとなることが、

本質で問題なのである。

 

 

くだらない仕事の問題は、そのような

個人の意識レベルに起因する要因が大きいと、

自分は考えている。

 

個人の性格によっては、

職種や業務の内容そのものが

合わないこともあると思う。

 

 

そのような場合は最初から、

事業の研究や自己分析で防ぐことができる。

 

可能な限り早く転職をした方が

誰にとっても不幸な結果を回避できる。

 

 

もう一つ、転職や退職が選択肢に含まれるパターンは、

仕事そのものは適職であったとしても、会社や上司や同僚に起因する

環境的な要因で不幸なミスマッチが起きている場合である。

 

 

そんなときは、環境を改善すべく問題を洗い出し、

より良い環境にすべく働きかける

アクションが必要になる。

 

働き甲斐を持たせることで、

仕事の意味を大きく変えることが

できるのである。

 

 

 

仕事がくだらない会社を辞めたい…どんな会社?

 

会社がくだらない、

仕事がくだらないので辞めたい。

 

よくある話で、どんな会社なのか。

 

 

そのような場合、たいていは

環境がくだらないという会社なのだ。

 

会社がくだらないということは、

会社の環境がもんだいなのである。

 

 

さまざまな起業のフォローをしてきた

自分の経験からみても、ダメになる会社は

環境がくだらないから会社がダメになるのだ。

 

 

環境といっても、いろいろな要因や理由があるが、

そのなかで致命的なのが人間や人間関係である。

 

 

仕事がくだらないから辞めたいという、

末期症状が出ている場合は、人間関係が

破綻していることがほとんどなのだ。

 

 

会社を立ち上げた初期は上手く循環していた

人や人間関係も、現状維持的な思考に落ちた瞬間に

円滑さが失われて、自浄作用を失うのである。

 

 

そのような状態に陥ってしまうと、

早い段階で人の入れ替えることが特効薬になるが、

手が付けられない場合は、解体するしかないのだ。

 

 

くだらないから辞める、

というような会社はこのような環境が多い。

 

そのような環境では、くだらなくなってしまったシステムを

魅力あるものに変えることすら不可能になってしまうのである。

 

 

 

まとめ。しょうもない仕事について

 

くだらないから、しょうもないからという理由で、

仕事や会社が嫌になり辞めたくなることは、

誰しもが直面するだろう。

 

 

世の中に、無駄な仕事はない。

 

だが、やりがいや環境という、

働いていくうえで重要な要素が機能不全を

起こしてしまうことは少なくない。

 

 

その環境に縛られてしまうと、

何もかもがくだらない、しょうもないという

心理に追い込まれてしまうのだ。

 

 

そうなってしまっては、個人の防衛機制が働き、

仕事へのやりがいや意味ではなく、

個人の精神的な健康維持が優先されてしまう。

 

環境の改善よりも楽な方へ流れるか

仕事を辞めるか、という状態が

慢性化してしまうのである。

 

 

シンプルに、仕事ややることが向いていないから

「くだらない」というのであれば、それは回避できるように、

自己分析や企業研究をしっかり行うべきである。

 

 

しょうもない仕事を続けていた明石。

自分と同じかなりのマザコン(笑)。

 

 

 

最後に、

 

クライアントに喜びを感じてほしいあなたへ。

 

今から投資して、老後はお金の心配をせず

自由を満喫できるようになりませんか?

 

以下より無料で情報請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授