バイトの残業代はちゃんと出る?10分の残業で給料は発生する?バイトの残業の強制は?断ることはできる?


 

バイトの残業代は、たとえ10分でも

ちゃんとした職場なら出してくれます。

 

日本にはブラックな職場が多いので

15分単位にしていたり、そもそも出さないところもありますが。

 

 

面倒で稼げないバイトではなく、

自分はパソコンやスマホで文字を打つだけで稼いでいます。

 

もしそんな方法を知りたければ

以下をクリックしてください。

↓↓↓

 

 

バイトの残業代は10分を

過ぎた場合でもきちんと出るのか?

 

気になっている方に、

ぜひ読んでいただきたい記事です。

 

 

バイトの残業を

強制する企業は減ってきていますが、

ゼロになった訳ではありません。

 

 

そこで今回は

 

 

・バイトに残業代は出るのか

 

・バイトが残業を断る際の対応

 

 

この二点を中心に解説していきます。

 

 

 

スポンサードリンク

バイトの残業を強制されたら?残業を断る方法、残業代、給料の未払いを無くすには?

 

基本的に残業は

自分の生活を犠牲にしてまで

する必要はありません。

 

そのため、

バイトで残業をお願いされた際に

断っても問題ありません。

 

 

しかし、会社としては

業務が終わらず困っています。

 

予定もないのに残業を断り続けると、

信頼関係を築くことができないことも。

 

サービス残業が当たり前の職場ではないなら、

自分のスケジュールにあわせて

残業の要請に応じても良いと思います。

 

 

バイトの残業でも、

その分の給料は上乗せされます。

 

バイトで残業代が出ないのでは?

という心配をすることはありません。

 

 

バイトでの残業代未払いや

強制があった場合には、

速やかに会社へ申し出をしましょう。

 

 

 

バイトの残業代が出ない?コンビニ、すき家、郵便局…学生のバイトの残業手当は?

 

バイトの残業代が出ないとお悩みの方に、

ぜひ覚えておいてほしいことがあります。

 

 

たとえば、バイトに入る前や上がった後に、

開店準備、後片付けなどをする機会も

あるのではないでしょうか。

 

しかし、その作業時間分の給料が

出ないという話もよく聞きます。

 

 

しかし、作業が雇用側の指示である場合、

作業時間分の給料は、時給にあわせて

支払われなければなりません。

 

15分未満は切り捨てという

計算の仕方も法律違反です。

 

 

職場でこういった状況があるなら、

残業代を請求することをおすすめします。

 

残業代を請求したのを理由に

解雇することは法律上は許されません。

 

 

コンビニのバイトで残業があるのか?

と気になる方もいるかもしれません。

 

コンビニのバイトでは

シフト制の場合残業はほぼありません。

 

 

すき家のバイトでは以前残業や

労働に関する裁判が行われたことがありました。

 

すき屋のアルバイト3人に

残業代が支払われなかったという事件です。

 

バイトであっても残業をすれば

残業手当が出るのは当然のことですし、

労働者の権利であると言えます。

 

 

郵便局でもよく年末年始に

バイトを募集していますが、

残業はほとんどないと言っていいでしょう。

 

 

 

バイトの残業とは?残業代を1分単位で計算する方法、残業代が出ない時は?残業時間の上限、休憩時間など

 

バイトの残業とは、1日8時間・週40時間を超えて

残業した場合1.25倍といった割増率をかけて

支払われる手当を残業手当と言います。

 

これは正社員でもアルバイトでも変わることはなく、

定義・ルールは同じなので残業した際に

残業代が出なければ違法と言えます。

 

 

稀に、15分は切り捨てる

バイト残業代の計算方法をとった

会社もありますが、これも違法です。

 

 

バイトで仕事時間が

1分単位で過ぎた場合でも

残業代はもらえます。

 

 

2019年4月より時間外労働の上限が規制され、

バイト残業の時間上限も

1日8時間・週40時間となりました。

 

これを超えた労働は時間外労働とみなし、

以下の割増賃金が支払われます。

 

 

・月60時間以内…通常の賃金の2割5分以上

 

・月60時間以上…通常の賃金の5割以上

 

 

アルバイトの残業時間だけでなく

休憩時間も決まっています。

 

6時間~8時間以下の場合は45分、

8時間を超える場合は

1時間の休憩をとることが決められています。

 

 

 

バイトの残業、強要されたときの断り方は?違法な残業や休憩時間の基準、何時間までなら大丈夫?

 

バイトの残業を角が立たないように

断りたい方もいるでしょう。

 

バイト残業の断り方に、

特に考えることはありません。

 

 

「大変申し訳ないのですが、今日は残業できません」

という伝え方でOKです。

 

 

バイトはもちろん、正社員にも

雇用側が残業を強要・強制ができません。

 

 

月45時間・年間360時間という

時間外労働の上限もあります。

 

バイトが残業をしたにも関わらず

残業代が出ていなければ違法となります。

 

 

バイトの残業中の

休憩時間にも決まりがあります。

 

残業が2時間発生したら、

設定している45分の休憩に加えて

15分以上の休憩が必要となってきます。

 

 

アルバイトであっても残業に関しては

労働基準法でルールが定められているため、

安心して残業代をもらってください。

 

働く方の権利です。

 

 

 

まとめ。バイトの残業代について

 

自分の知り合いにも、

定められた残業代がもらえないと

嘆いている人がいました。

 

経費削減のために、

決められた賃金を支払わないのは

間違っています。

 

 

ここ数年で改正されたとはいっても、

浸透していないところがあるのも事実です。

 

 

働いた分の給料を受け取るのは、

労働者にとっての権利です。

 

もし残業代の未払いがあるなら、

残業代の申請をすることをおすすめします。

 

 

バイトの残業代が欲しいと話していた松下。

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった人です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

超飽きっぽい自分が好きなあなたへ。

 

カウンセリングを受けて少しずつ陽気な自分を取り戻しませんか?

 

興味があれば

以下をクリックしてください。

↓↓↓


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授