自己実現欲求について…具体的な例と解説、自己実現の欲求がないのはどういう心理状況?


 

自己実現欲求の例は、

「夢を叶えたい」「もっと人の役に立ちたい」

というもの。

 

 

成長のヒントを最短で得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

 

自己実現の欲求の例はいろいろな場面で用いられ、

アメリカの心理学者であるマズローが提唱した

欲求の5階層説が有名です。

 

 

「向上心がない」「やる気がない」という状態は

自己実現欲求が欠けていると考えられます。

 

 

 

自己実現欲求って?アメリカの心理学者マズローの5段階欲求と具体的な例を挙げて解説

 

自己実現欲求の例は、

マズローの5段階欲求説を抜きに

語ることはできない例です。

 

 

自己実現欲求の解説は、

アメリカ心理学者マズローが提唱した

人間の欲求の解消のこと。

 

 

・生理的欲求

 

・安全欲求

 

・社会的欲求

 

・承認欲求

 

・自己実現欲求

 

 

これら5つの、

人間の心的構造のことです。

 

 

生理的欲求は、

食欲、性欲、睡眠の三大欲求が該当する

生きる基本的な次元の欲求になります。

 

 

三大欲求の不安がなく生存が保障され、

安全の欲求が生まれることで命の安全が約束されると、

次の段階の社会的欲求が発現します。

 

 

これは生きていることが実感できることで、

生命の危険がなく社会活動が

できることを意味します。

 

社会活動を始めると、認められたいという

承認欲求が発現し、認められることで

自己実現が完成するという心的構造です。

 

 

自己実現欲求の具体例を子どもに例えると、

生まれてすぐに空腹や排せつを訴えて、

その要求が保障された状態が生理的欲求の階層です。

 

 

安全欲求は、身体的に満たされている状態に加えて、

寝ることができる布団や育ててくれる環境があり

不安のない状態です。

 

 

次は、両親の子どもであることが必要で、

夜泣きでかまってもらう状態になります。

 

承認欲求が達成されて、かまってもらえるようになると、

わがままや駄々が増え、子どもとしての

個性を認めてもらおうとする言動が増えます。

 

 

この段階が承認欲求で、この承認を得ることができれば、

両親の子どもとしての自己実現を達成したことになります。

 

 

 

自己実現欲求がない人が増えてきているのは何故?どんな人?原因や解決方法

 

自己実現欲求のない人が

増えているといわれています。

 

自己実現欲求ない人は

どんな人か考察します。

 

 

自己実現欲求ない人の増加の原因は、

いくつか考えらますが、精神分析の視点からの

問題点が指摘されています。

 

 

マズローの5階層説に従うと、

土台となる欲求が満たされていないため、

高次な階層へ進めないとみるべきです。

 

しかし、現代において食や安全の不安があるとは考えられず、

ここで精神分析でいわれる酸っぱいブドウ説が考えられます。

 

 

生存が保障されている現代でも、経済的に低成長率の日本では

社会的なステータスは手に入りにくいと考えられ、

社会的な成功は贅沢だと無気力が蔓延していると考えられます。

 

 

自己実現欲求ないときの解決方法は

条件づけが、古典的ですがもっとも

効果が期待しやすい方法です。

 

課題の達成に対して、

相応の報酬を受け取ることが

無気力に対する最大の動機付けになります。

 

 

自己実現欲求ない解決方法の具体例は、仕事の課題に対して

報酬と認識されるだけの対価を与えることが必要で、仕事の

内容に対しては成功報酬として賃金や一時金を上げる方法になります。

 

その金額は安すぎても高額すぎても

モチベーションに影響するため、

金額設定は慎重になることが重要です。

 

 

仕事の職務にかんしては、

役職などの階級を与える方法が一般的で

昇進は賃金の増加も望めます。

 

経済成長が落ち込んでいるときは、成功報酬が支払われない、もしくは安い、

昇進しても賃金が上がらないということが多く、報酬として機能していないことから、

向上心や自己実現を放棄させる環境になって言えることが問題です。

 

 

 

まとめ。自己実現の欲求の例について

 

心理学者のマズローが唱えた欲求の5階層説は、

人間の根源を洞察しており、分野や業界を問わず

幅広く支持されています。

 

人間の健康的な心理的発達や、

健全な社会活動のうえでも

マズローの5階層説は必要な概念です。

 

 

一方で、欲求の階層が満たされているにもかかわらず、

心的成長が高次の階層を目指さず

止まったかのような現象が増え始めています。

 

 

会社において、向上心がない、ガツガツしていない、

といわれる場面は、自己実現欲求どころか

承認欲求さえも希薄であることの現れです。

 

閉塞感のある経済の中で育った世代にとっては、勝ちあがること、

成功することに意味がないという学習性無力感が作用しており、高次元の成功に

挑戦するより、生存の保障を守ること維持することに価値があると考えているからです。

 

自己実現のためにコロナ禍をひた走っていた中島。

自分と同じく、下見なしの海外移住経験者です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

カレンダーが空いているとイヤなあなたへ。

 

コミュニケーションスキルを上げ、

正しい稼ぎ方を学んでコツコツ前向きに努力してまっとうに稼ぎませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授