シンガポール移住の有名人が後悔…芸能人の仕事、ブログから知る日本人の費用やデメリットとは


 

シンガポール移住の有名人と言えば、

ジェームズ・スキナー。

 

浜崎あゆみは一時期だけで

今は日本に住んでいる。

 

 

長期滞在者によるシンガポール移住情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやシンガポールなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

シンガポール移住の有名人の後悔は想像にた易い。

 

なぜならシンガポール移住のデメリットは

イメージよりはるかにたくさん潜んでいるからである。

 

 

 

スポンサードリンク

シンガポールへ移住した日本人の有名人や芸能人。シンガポールへ移住した後の仕事・メリットとは?

 

シンガポールへ移住した日本人はかなり多く、

シンガポールの移住は仕事のためという人もいれば、

シンガポール移住した有名人やシンガポール移住した芸能人も多いのだ。

 

 

シンガポールの有名人は日本人だと、

浜崎あゆみや松居一代、中野美奈子が有名だ。

 

 

しかし、日本人がシンガポールに

移住するメリットは大きいとは

限らないのである。

 

 

もちろんデメリットばかりではなく、

経済大国であるシンガポールは

金融関係の制度で優遇される面が多い。

 

日本で金融に関係する事業をするよりは

はるかにメリットを受けることができるのである。

 

したがって、シンガポール移住後の仕事としては、

株や信用取引の仕事があれば、一般にイメージされるような

セレブな暮らしも手に入るのである。

 

 

つまり多額の金を一度に動かせるなら

シンガポールはメリットが大きい。

 

 

だが、現地採用の仕事で移住を考える場合は、

セレブなイメージとはかけはなれたシンガポールを

受け入れる必要があるのである。

 

 

コンドミニアムに住むにしても、

月額で50万円以上がかかるので、

一部のセレブのための物件であることは明白だ。

 

 

シンガポール移住とは、

お金がいくらあっても湯水のように

出ていく世界なのだ。

 

シンガポール移住に夢や目標があるときは、

しっかり計画して用意周到なくらいで

やりすぎということはないのである。

 

 

セレブなくらしはハードルが高いが、現地の求人に応募し、

東京の下町のような移住生活を送ることもできるので、

計画と行動力と英語力にかかっているといえるのである。

 

 

しかし、芸能人に多いパターンは、

セレブに憧れて移住し、上手くいかず

定着できずにいる人が多いと自分は感じているのだ。

 

その問題点は、一つだと考えているのだ。

 

セレブの真似ごとをした結果、と言えるのである。

 

 

 

シンガポールへ移住した有名人のブログを紹介。移住で後悔?移住にかかる費用やデメリットとは?

 

最近のシンガポール移住の

有名人と言えば、中田敦彦だ。

 

シンガポールの移住を

ブログで触れていたこともあり、

話題で上がったのである。

 

 

彼は成功している人なので、シンガポールの移住の費用の

心配はないことは間違いないが、シンガポールに移住する

デメリットは把握しているのか怪しいのである。

 

シンガポール移住を後悔しないことを、

自分は祈るばかりだ。

 

 

教育環境や勉強のこともあると思われるが、

シンガポールは学歴社会であり、もちろん

異常なまでの受験戦争が待ち構えているのである。

 

 

そして、シンガポールには徴兵制があるため、

長期の生活基盤がシンガポールにあるときは、

徴兵制の対象になるのである。

 

 

それらを把握して、検討した結果であればいいのだが、

今までの芸能人のシンガポール移住の流れと、

自分の経験とで総合して考えると、不安を感じるのが本音なのだ。

 

 

 

まとめ。シンガポール移住の有名人について

 

シンガポールはセレブなイメージがあり、

日本からもたくさんの芸能人が移住しているが、

定住しているのはごく少数だ。

 

中には定住する気のない人もいるのかもしれないが、

世界一の物価と経済を誇るシンガポールは、

甘い考えでは生きていけないということなのである。

 

 

教育水準が高いことも有名であるが、

それは経済力に裏打ちされたものである以上、

教育費も高額になることは明白だ。

 

 

物価が高いということは、

生活費も高騰するし医療費も

高くなるとみるべきである。

 

ただ、医療費が高い場合は、例外を除き

医療水準も高いことの証明であるので、生活水準については、

かなり充実度が高いことは間違いないのである。

 

 

しかしながら、日本にいながら

セレブのイメージだけで移住できるほど

甘くない世界であることも事実だ。

 

 

シンガポールに住みたいと話す橋本。

自分と同じく、白子が嫌い(笑)。

 

 

 

最後に、

 

成功に向けた前向きな気持ちを無くしたくないあなたへ。

 

ビジネスの原理原則を学んで、

ブルドーザーのように前向きに仕事をして勝ち組になりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授