韓国移住の後悔…デメリットや求人、仕事(仕事探し)など。韓国人との結婚で後悔したブログや移住の費用も


 

韓国移住で後悔する人には、

現地の人と気質が合わなかったという人が多い。

 

必ず事前の短期滞在で

合うかどうかの確認を。

 

 

ブログを手段にして気楽に韓国で暮らすには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

仕事探しや国際結婚にビザなど、

韓国移住後に後悔しないために、

実際の移住者のブログを参考に解説していく。

 

 

 

スポンサードリンク

韓国移住の仕事(仕事探し)や求人、費用など。後悔やデメリットは?

 

近年の韓流ブームから

韓国への移住を考えている人も

少なくはないだろう。

 

韓国移住をした後に後悔しないためにも

韓国での生活を送るにあたって

仕事探しや生活はどうするのか。

 

デメリットなども併せて

紹介していきたい。

 

 

まず、韓国に移住を考えている人は

ワーキングホリデーのビザで行こうと

考えている人が大半だろう。

 

その際現地で仕事探しをしようと

思っている人も多いはず。

 

 

韓国のアルバイトの時給は

日本と比べてどうなのだろうか。

 

 

韓国と日本でアルバイトではない

正社員として働く場合の給料は

そこまで変わりは無い。

 

だがアルバイトの時給となると、

韓国は日本に比べてかなり安い。

 

 

最低賃金は地域にもよるが

500円台から600円台。

 

日本だと800円から1,000円台なので、

物価に比べるとアルバイトの給料は

割に合わないかもしれない。

 

 

その上、韓国は電車代が安いためか、

交通費も支給されないことが多い。

 

 

よってワーキングホリデーのビザで

韓国移住しようと思っている人は、ある程度

生活費を貯めてから移住したほうがよさそうだ。

 

 

また、韓国移住後、仕事を探す際に

求人情報を参考にすることもあるが、

人脈で仕事が見つかる事も多々耳にする。

 

アルバイトをしながら

人脈を広げることも大切だ。

 

 

 

韓国人と日本人との結婚。後悔したことや良かったことは?ブログや本、YouTubeなど紹介!

 

韓流ドラマやK-Popなどの韓流人気は根強く、

日本でも韓国人に対して男女問わず

憧れを持っている人は一定数いる。

 

そのような現状の中で韓国人と

日本人との国際結婚の数も上昇傾向だ。

 

 

では、韓国人と結婚すると生活は

実際どのように変わるのだろうか。

 

韓国人との結婚生活の後悔や実情を

あるブログを参考に紹介していきたい。

 

 

ここで参考にさせて頂くブログは、

韓国人男性との結婚と離婚を経験した

日本人女性の「smile parking」というブログだ。

 

 

やはり、国際結婚の難しさとして、

お互いの文化の違いや

習慣の違いが挙げられる。

 

特に韓国は親戚付き合いが大変で、

親戚の言うことを聞かなくてはいけないと言う状況を

負担に感じてしまう日本人も多いだろう。

 

 

上述した通り、大卒の給料と

アルバイトの給料では雲泥の差だ。

 

そのため、韓国は高学歴社会と言われ、

大企業に入ることが良いとされている。

 

親戚にも自分の子供の教育について

うるさく言われることも珍しくは無い。

 

 

とは言え日本からも近く、

食文化もなじみのある物が多い。

 

日本人にとっては、比較的

住みやすい国なのではないだろうか。

 

 

韓国には日系の企業も多い。

 

日本で採用された後に韓国支部で働くことができれば、

ビザの問題もクリアできるので、結婚をしなくても

韓国に移住する方法は沢山ある。

 

 

また、韓国にも日本と似たような

社会保障制度が整っている。

 

韓国移住後も韓国の年金と日本の年金

両方に加入することが出来るので、

2つの国の年金を受け取る事が可能になる。

 

 

また、消費税も基本的には

日本と同じ10%なので、

日本人にとって負担は少ないだろう。

 

 

この他にも韓国移住について良かったことや

デメリットなど、さまざまな本や

YouTubeで紹介されている。

 

興味がある人は是非調べてみて欲しい。

 

 

 

まとめ。韓国移住の後悔について

 

韓国に移住するにあたっての問題点は

イメージできただろうか?

 

 

時給の安さや文化の違いなど、

考慮しなくてはいけない点も多々ある。

 

だが、日本からも近く、

季節や物価も似ており、

食文化も受け入れやすい。

 

 

移住を考えている人は、

ブログや本などを参考にして

移住の夢を叶えてほしい。

 

 

釜山に移った野島。

自分と同じガチャピンファンだ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授