カナダ移住の条件とは?後悔と失敗、デメリット。職業リストや永住権、仕事とielts。カナダで働く40代


 

カナダ移住で後悔することは何か?

 

一つは、場所によって高くつく生活費

 

 

長期滞在者によるカナダ移住情報、

ブログを手段にしてカナダに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

 

広大な自然と暮らしやすさで

移住先に人気のカナダ。

 

カナダは移民に寛大で、

移住してくる外国人が多い。

 

 

カナダに移住する際に

考えたいことをまとめた。

 

 

 

スポンサードリンク

カナダへ移住の条件…移住して後悔?デメリットや失敗、不足の職種。職業リストと仕事、ielts。永住権について

 

 

カナダ移住で

後悔するようなデメリットは、

まず冬が寒い・長いこと。

 

 

10月には初雪があり、

4月になっても

雪が降ることもある。

 

そして、最低気温が‐20℃

近くになることもあるのだ。

 

 

寒さの感覚は日本の

北海道が近いのかもしれない。

 

 

次にあげられるのは

物価と税金の高さ。

 

家賃、電気代、外食費、食品等は

日本より高いと感じる。

 

 

消費税も10~15%(食品は対象外)だ。

 

 

病院できちんとした

検査を受けるのに

時間がかかるのもデメリット。

 

 

カナダはかかりつけ医の

制度をとっているので、

一度見てもらう必要がある。

 

そこから専門病院に紹介をしてもらって、

専門医に会うまで2週間から

3か月なんでことも。

 

 

大病を患った場合にはとても

不安な状況に置かれる。

 

 

医療費や教育費が無料で、

人が優しく暮らしやすい

イメージのカナダ。

 

行ってみて「カナダ移住失敗!」

なんてことのないように心構えしたい。

 

 

カナダ移住の条件は

ビザの種類によって

かなりの種類がある。

 

難易度の低い順から

主なものを見てみよう。

 

 

ワーキングホリデービザ

 

 

カナダでの異文化交流が目的。

 

主な条件は以下のとおり。

 

 

・日本国籍保持者

 

 

・年齢が申請の時で

18歳以上30歳以下である

 

 

・過去にカナダワーキングホリデーを

利用したことがない

 

 

・生活資金と帰国資金合わせて

50万円程度の証明

 

 

ワーキングホリデービザは1年間有効だ。

 

 

ナニービザ、ケアギバー(同居介護人ビザ)

 

 

・住み込みの介護人として

あらかじめ勤め先が決まっている

 

 

・高卒資格以上の学歴

 

 

・過去3年以内に介護人としての

トレーニングを半年以上受けている。

 

または1年以上のフルタイムの職歴がある

 

 

・一定以上英語かフランス語の

読解力と会話力がある

 

 

同居介護人ビザは、カナダ移住から

3年間のうち2年以上介護の仕事をして

働くことで永住ビザ申請の権利が得られる。

 

このビザに必要な勤め先は

コンサルタント会社などを

利用すると見つけることができる。

 

 

学生ビザは6ヶ月以上の

就学をする場合に必要。

 

また6ヶ月以内の予定でも、

現地で就学期間を

延長する場合に取得が必要だ。

 

 

学生ビザの種類によって就労も可能だ。

 

 

就労ビザを得るには、

カナダの雇用主と雇用の

約束をする必要がある。

 

つまり事前の就職活動が

必要というわけだ。

 

 

就労ビザもまた技能の高さによって

違う種類のものが用意されている。

 

カナダで不足している職種の

技能がある場合には、雇用の

約束の条件が免除される場合もある。

 

 

この他に、永住権を持つ相手と

結婚することで得られる

家族ビザもある。

 

 

カナダでは以前、

投資移民プログラムがあったが

廃止されてしまった。

 

 

退職者用ビザはそもそも存在しない。

 

 

カナダ移住後、永住権を得る条件には

ieltsという英語試験に合格する

というものがある。

 

ieltsは日本でも受験可能なので、

先々のことを考えて

チャレンジしておきたい。

 

 

カナダ永住権を得た人の

職業リストを次に見てみよう。

 

 

 

バンクーバーへ移住で後悔?カナダで働く、40代。海外移住の職業。仕事の資格は?カナダのエンジニア

 

カナダで働くことを視野に

入れた移住は40代でも可能だ。

 

カナダ移住から永住権を得た人

の職業リスト上位は以下のとおり。

 

 

・食品サービス主任

 

・料理人

 

・情報システムアナリスト、コンサルタント

 

・ソフトウェアエンジニア

 

・コンピュータープログラマー、メディア開発者

 

・大学教授、講演家

 

・小売業主任

 

・グラフィックデザイナーまたはイラストレーター

 

・金融監査、会計士

 

・金融投資アナリスト

 

 

こちらを見ると

30代から50代にかけて

脂ののってくる職業が多い。

 

カナダに限らず

海外移住を考えるときに

通用しやすい職業が名を連ねている。

 

 

日本食の料理人であったり、

日本語教師になるなど、

日本に特化したスキルも強みとなる。

 

 

カナダで不足している職業は、

ビザ申請の際に雇用主との契約が

免除される場合がある。

 

ビザ要件は変わりやすいので、

移住を考える際には確認しておこう。

 

 

この他に看護師など医療系資格を持っていると、

移住後カナダの試験を受ける際に

免除が受けられることが多い。

 

 

カナダ移住の際には日本の場合と同様、

やはり仕事は資格がある方が

評価されやすい。

 

 

カナダで必要とされるエンジニアだったり、

手に職を持っていることも移住に有利だ。

 

 

カナダ移住を具体的に

考えるときに良い情報がある。

 

カナダのニュース誌MacLeansの、

住みやすい街ランキングだ。

 

 

「2019年版 カナダの住みやすい街ランキング」

 

 

1位:オンタリオ州バーリントン

 

2位:オンタリオ州グリムスビー

 

3位:オンタリオ州オタワ

 

4位:オンタリオ州オークビル

 

5位:オンタリオ州ニューティカムシー

 

 

「新移民向けの住みやすい都市ランキング」

 

 

1位:オンタリオ州グリムスビー

 

2位:オンタリオ州ナイアガラ・オン・ザレイク

 

3位:オンタリオ州オークビル

 

4位:オンタリオ州オタワ

 

5位:ブリティッシュコロンビア州ウェスト・バンクーバー

 

 

オンタリオ州がランキングを占めている。

 

手頃な住宅価格、失業率の低さが

取り上げられるのがオンタリオ州だ。

 

 

バーリントンやグリムスビー、

ナイアガラ・オン・ザレイクは

気候の良さのポイントが高い。

 

 

オークビルやオタワは治安の良さが魅力だ。

 

 

いずれも近くにハミルトンや

バンクーバー、トロントなどの

企業都市に通勤可能だ。

 

 

オタワはハイテク・IT企業が集まる都市で、

カナダのシリコンバレーとも言われる。

 

 

ニューティカムシーは経済成長が著しく、

Hondaの生産工場もある。

 

カナダと言えばと勢いで

バンクーバー移住して後悔する前に、

住む町に自分が求める優先順位を整理しておきたい。

 

 

 

まとめ。カナダ移住の後悔について

 

カナダの移住によるデメリットは、

冬の寒さ・物価や税金の高さ・病院の不便さだ。

 

 

ビザは種類が多く、移住には

ワーキングホリデー・同居介護人ビザ

・学生ビザ・就労ビザ・家族ビザなどが利用できる。

 

 

カナダで永住権を

得るのに必要な要件には

ieltsという英語試験の合格がある。

 

 

永住権を取得した日本人の職業は

手に職をもったものが多い。

 

 

住みやすい街ランキングには

オンタリオ州のランクインが多い。

 

 

住むために自分がゆずれない条件は何か、

よく考えて移住計画を立てよう。

 

 

バンクーバーで中華料理屋に勤める梨田。

自分と同じく白子が嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートするサービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク






カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授